下関市の販売促進方法の現状①

こんばんわ。反響第一!山口県下関市のチラシポスティングは

クラシード下関へご用命ください。

 

今日は販促方法をまとめました。

 

下関市での販売促進方法として、

 

1、マスコミ媒体(CM、ラジオ、新聞、雑誌) 

2、インターネット広告

3、メディア広告(屋外、交通、折込、DM、フリーペーパー

POP、電話帳、展示映像他)

と大まかに3つに区別できます。

・マスコミについては、ご存じの通り持続するには高額で、

閲覧者を推定にて販促することとなります。一番広範囲に

販促できる方法といえますね!

 

・インターネット広告とは、検索エンジンやHPなどに、

バナーなどで、閲覧者を自社ホームページへ引き込む方法

です。あらかじめ興味を持ってHP閲覧するだけにあって、

周知方法としては密度の濃い内容を提示できる。

 

・メディア広告は、様々ですね。一例は、屋外看板、

バスなどへの交通周知など費用も様々です。

折込とフリーペーパーについても違いがありますが、、、

地域に根差した販売促進という意味で、狭域の販促

と言えるでしょう。

 

私共、クラシード下関が行う、ポスティングどは、メディア広告

ですが、折込やフリーペーパーと勘違いしている人も多い現状です。

 

折込とは…..新聞やフリーペーパーに折られて内封されるもの

新聞購読者は高齢層に多く、若年層に届かないというデメリット

があり、年々インターネットの普及により、購読者は減少している。

ゆえに、アプローチのターゲットに届かないということ。

 

では、フリーペーパーはというと……

紙面情報の「隙間」に、広告を搭載すること。

大きさによって広告料は変化し、非常に高額です。

(最小で3万程度、最大50万オーバー。。。

1週間で。。。。。。。これは高額ですね。)

 

ここで、フリーペーパーに折りこめば購読層を限定せずにすむ

ということに気が付きます。下関市では、某フリーペーパー

二社行っておりますが、新聞折込と比較したとき、

販売促進は大いに期待できるでしょう。

購買層を限定しないという意味で広域に安価で周知できます。

 

と、長くなりました。

次回は、クラシードの反響を呼び込むポスティングは

他広告とどう違うのか検証します。

 

クラシード下関 菅原

カテゴリー: 未分類 パーマリンク